学校の働き方改革役立つ資料

◎このページは学校における働き方改革に役立つ資料を掲載しています

 「次世代の学校・地域」創生プランの実現に向け、学校教育法第37条第14項、事務職員の職務が
「事務に従事する」から「事務をつかさどる」に改正されました。(平成29年4月1日施行)

 徳島県公立小中学校事務職員研究会では、事務職員が持つ知識や専門性を活かすことで、よりよい

教育の保障・教員の負担軽減・学校全体の業務改善を図るため、実践研究や制度研究を行っています。

 働き方ガイドブックでは、つかさどる事務職員の「働き方」で重要な5つの要素をキャラクター

で表現し、実践事例や学校と事務グループ(共同学校事務室)のしくみを紹介しています。

 学校運営組織の活性化と事務機能強化のために、このような業務改善を意欲的に実践していくほか、

今後、様々な組織改革が必要だと考えています。